>

戸建てのメリットとデメリット

戸建てのメリット

まず最初に戸建てのメリットとして挙げられるのは、自由度の高さです。
戸建ての場合、家を建てる土地ごと購入します。土地と、その上に建つ家全てが自分の所有物ですから、好きなように家を建てることもできます。いわゆる注文住宅というものですね。外観から内装、庭の有無、駐車場の台数まで、限りなく自分の理想に近づけることができるのは大きなメリットです。
更に、リフォームや増築などを行いたい場合にも、自分の好きなタイミングで工事が始められるというメリットもあります。家族構成の変化に合わせて、住まい自体を変えることができます。
また、上下左右に隣接して他人が住んでいるわけではないので、周囲を気にせずに生活できるというのも嬉しいですよね。

戸建てのデメリット

戸建てのデメリットの一つに、立地の不便さがあります。
前述の通り、戸建ての場合はその家が建っている土地ごと購入します。そのため、例えばそれぞれ同じ5千万円で購入した新築マンションと新築の戸建てを比較した場合に、マンションのほうが駅に近い、市街地に近いなどの便利な立地であるという場合が多いのです。また、都市部や市街地に近い場所では土地は狭く、高額になるので、立地の良い場所に戸建てを買おうとすると金額が大きくなってしまいます。
また、戸建てでは庭や家そのものの手入れや管理も自分で行わなければなりません。家の管理に気を配り、必要であれば修理などの手配をすることが面倒だと感じる方には、デメリットになるでしょう。


この記事をシェアする